信じられないことが・・・

JUGEMテーマ:ポルシェ

 

これまで何十台、いや100台以上の空冷エンジンをオーバーホールしてきたのだが、今回凄いものを見つけてしまった!

下の写真は964のカムシャフトとそのハウジングですが、分解してみると激しい擦れキズがついている。

油膜切れ等によって起こる虫食い程度のキズはよくあるのだが、走行距離6万Km弱のエンジンでこのキズの付き方は異常である。

 

 

 

そこで原因を調べてみたのだが、その結果に驚いてしまった。

通常は右下の写真のようにハウジングにオイルが通る穴が開いていて、そこからカムシャフトにオイルが噴射されながら回転しているのだが、このハウジングには穴が開いていなかったのである。

これは明らかに製造工程上のミスである。

 

 

この964は今まで普通に乗られていたため、この程度のキズで済んだのだが、もし高回転域での全開走行を行うようなことを続けていれば、どうなっていたのだろうかと想像するだけでゾッとする。

ポルシェでもこんなことがあるのかとびっくりしてしまった。

 

電動リアスポイラーが動かない

JUGEMテーマ:ポルシェ

 

最近、964と993の速度反応式リアスポイラーが動かなくなるトラブルが続いています。

走行中に時計の中にあるリアスポイラー警告灯が点灯すると要注意です。

全く動いていなかったり、中途半端にしか上がらなかったり、上がっても下がらなかったりと症状は様々です。

 

 

その症状には三つの原因が考えられます。

一つは電動スポイラーをコントロールするユニットの故障。

 

 

もう一つはスポイラーを動かすモーターもしくはギアケーブルの劣化。

そして最後はスピードメーターの故障も考えられます。

 

 

それぞれの各パーツは高額ですので、全て交換となるとかなりの費用になってしまいます。

 

当店ではテスト用パーツを使って原因を追究し、問題のあるパーツのみを交換させていただきます。

日帰りでの修理も可能ですので、ご相談いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

シフトチェンジができない

JUGEMテーマ:ポルシェ

 

964と993のマニュアルミッションの話しですが、ここ数年、走行中にいきなりシフトレバーがぐらぐらになり、シフトチェンジができなくる症状が多くなってきております。

そうなるとロードサービスのお世話になるしかありません。

 

これはシフトレバーの支点になっているロッドのボールジョイントのブッシュが劣化して抜けてしまい、ミッションへと繋がるロッドを動かせなくなってしまったからです。

 

シフトレバーを上に引っ張った時に持ち上がったり、ニュートラル状態で前後に遊びが出ている場合は要注意です。

不動にならないためにも事前の交換をおすすめします。

 

 

 

968のオドメーター修理

JUGEMテーマ:ポルシェ

 

968のオドメーターが止まってしまいました。

これはスピードメーターの内部にあるギアが破損してしまったのが原因です。

 

そのまま乗り続けても機関的に支障はありませんが、何かと不便ですし、車検証にも記載されてしまいますので、修理をおすすめしております。

 

911の場合はスピードメーターのみを取り外せるため、修理に手間はかかりませんが、968の場合はメーターアッセンブリーごとの取り外しが必要になります。

そうなるとステアリングはもちろん、コラムカバーやエアコンの吹き出し口、ダッシュボードの一部を外す必要があるため、簡単な修理というわけにはいかなくなってしまいます。

 

 

このインパネ廻りの取り付けには、爪やボルトが使われておりますが、その位置が分からないと、外す時に折れたり、割れたりしてしまいます。

オドメーターギアの交換はそれほど難しくありませんが、メーターアッセンブリーを外す作業の方が大変です。

もし968のオドメーターが止まってしまった場合は、ノウハウのあるショップでの修理をおすすめします。

 

 

アクセルオンで息継ぎ

JUGEMテーマ:ポルシェ

 

89年式の930ターボ

車検での入庫ですが、アクセルを踏んでも息継ぎを起こし、ターボもかからないとのご相談を受けました。

当初はフューエルシステム(Kジェトロ)の制御に何らかの問題が発生し、燃料が濃くなってしまい、プラグがかぶりぎみになっているのだと予想しました。

そこで空気と燃料の量のつじつまが合うように、いろいろと調整してみました。

ところが一時的には良くなるのですが、いきなり調子が悪くなったり、また良くなったり…

そのうちアイドリングも安定しなくなってしまったので、フューエル系ではなく点火系を疑ってみることに…

 

 

原因として真っ先に考えられるのが、イグニションコイルに電気を送っているC.D.Iである。

早速、当店にあるテスト用のC.D.Iに交換してみると、今までの不調が嘘のように回復です。

製造から27年も経っていますので、このC.D.Iはがんばった方でしょう。

ポルシェ社からはリビルト品が供給されておりますが、かなりの高額品となるため、永井電子のM.D.Iに交換させていただくことになりました。

この永井電子のM.D.Iですが、かなりの優れ物で、高性能、高出力はもちろん安定性に優れております。

しかも、もし壊れてしまっても容易に修理が可能なため、当店ではターボはもちろんSCに関しても純正C.D.Iが壊れてしまった場合には、自信を持っておすすめしております。

 

クラッチを繋いでも動かない

JUGEMテーマ:ポルシェ

 

944Sがクラッチのトラブルで入庫です。

エンジンをかけ、ギアをローに入れて、クラッチを繋いでみるが全く動かない状態です。

これはクラッチディスクのラバーダンパーが破損した時に起こる症状です。

早速、リアにあるミッションを降ろし、セントラルチューブをずらして、クラッチハウジングを外し、クラッチを分解してみることにする。

やはり予想通り、クラッチディスクのラバーダンパーが破損していました。

 

 

 

このラバーダンパータイプのクラッチディスクは、10年以上も前に生産中止となり、現在は一般的なスプリングダンパータイプのクラッチディスクに変更されているため、見るのは久しぶりです。

今回はもちろん一般的なスプリングダンパータイプのクラッチディスクに交換して完了です。

最近はめっきり数の減った944Sですが、これからも長く乗っていただきたい名車です。

 

HPリニューアルしました

タブレットやスマホなどでも見れるようにしました。

セキュリティーにおいても強化したものになっております。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

ブログもできるだけ更新するように頑張ります!

 

HP管理者

足廻りのメンテナンスはおすすめ

JUGEMテーマ:ポルシェ

足廻りのリフレッシュは、オーナーさまにとって、確実に実感することのできる費用対効果の高いメンテナンスです。

「そんなに激しく走らないですよ?トロトロですよ?」と言われるユーザーさんに限って、ショック交換の後は「もっとしっかりした足廻りでも良かったですね!」とのリクエストが・・・


足廻りのメンテナンスはポルシェの走行をより安全にするためにも、ぜひ充実させたいものです。
お気軽にご相談ください。

ブレーキフルードの種類

JUGEMテーマ:ポルシェ

車検整備では必ず点検するブレーキ廻りですが、ブレーキフルードタンク内をみてメカニックがびっくり!

トロっとしたブレーキフルードのゼリーが出来上がっていました!

ブレーキフルードは、グリコール系とシリコン系の二種類があり、これらを混ぜると化学反応を起こしてゼリー状に・・・


一般的に使うDOT3やDOT4はグリコール系なので、気が付かずに混ぜても問題がない場合が多いのですが、DOT表示のないフルードや着色されているブレーキフルードは要注意です。

同じブレーキフルードを使うか、心配なら完全に抜いてから、違うオイルを入れなければなりません。

今回は徹底的に掃除(抜き取り)してから、フレッシュなブレーキフルードを入れて完了です。
 

危険なローダウン

JUGEMテーマ:ポルシェ

コンディションチェックの最中に、オーナーさまが気が付かない危険な箇所を発見することがあります。

リフトアップすると不自然なスプリングの動きにすぐ気が付きます。
ローダウンのためにカットされたスプリング。
グラグラ状態、カチャカチャ音。

走行中にショックアブソーバーから外れてもおかしくない状態でしたので、すぐにスプリングを交換し、この危険な状態を回避させていただきました。

日之出モータースでは“日帰りクイック点検コース”というサービスがあります。

有料ではありますが、リフトアップし、点検カルテを作成し、オーナーさまも一緒に点検個所や状態をご覧いただいて、必要に応じた修理箇所の提案もさせていただきます。

ぜひご利用下さい。
 
   
日之出モータース リンク
Topページへ
お問合せ
アクセス
営業カレンダー
            
カテゴリー
最近のエントリー
Search this site.
Others
Mobile
qrcode