フロントからギシギシ音が発生

JUGEMテーマ:ポルシェ

 

3.2Lカレラのオーナー様から、凸凹を通過する度にフロントからギシギシという音がするので対策して欲しいとのご依頼を受けました。

 

930系のサスペンションはコイルスプリングではなくトーションバーによってストロークさせているのですが、このトーションバーの取り付け部に使われているラバーブッシュが劣化してしまったのが原因です。

 

このラバーブッシュですが、純正品の場合はロアアームごとのアッセンブリー交換となり、単品での供給がありません。

そうなるとパーツ代だけで片側15万円以上もします。

 

そこで今回は純正品ではなく、強化品として販売されている社外品のブッシュを使うことにしました。

 

 

 

 

ブッシュは素材の違いによって、固いタイプから純正品に近いタイプまで、いくつかの種類があります。

固いタイプの方が逃げが少なくなりダイレクト感が増すのですが、グリス切れなどによって滑りが悪くなるとキュッキュッという音が出てしまうこともあるため、今回は純正に近い素材のタイプを使うことにしました。

 

これで気になっていたギシギシ音もなくなり、サスペンションの動きもしなやかになるでしょう。

 

 

   
日之出モータース リンク
Topページへ
お問合せ
アクセス
営業カレンダー
            
カテゴリー
最近のエントリー
Search this site.
Others
Mobile
qrcode