フューエルラインの劣化には注意!

JUGEMテーマ:ポルシェ

 

3.2Lカレラのフューエルラインですが、フロントからきたラインがインテークマニホールドの下で左右に分かれるですが、ここに使われるホースが経年劣化でひび割れたり、カシメが緩んだりしてガソリンが滲んできている車が度々あります。

最悪はガソリンが漏れ出して出火するなんてこともありえます。

 

 

 

走行中の場合、フロント廻りからのガソリン漏れは気付きやすいのですが、リア廻りからのガソリン漏れは気付きにくく、火災等の大惨事になってしまうことがあります。

ひび割れやガソリンの滲み等がある場合は、事前に交換されることをおすすめします。

 

 

ちなみにこのフューエルラインの交換ですが、インテークマニホールドを外す必要があります。

また上の写真の通りフューエルラインはアッセンブリーになっており、このパーツの価格が6万円くらいします。

そうなると交換工賃やその他の交換時に必要なパーツ代を含めると、合計で10万円以上の出費となってしまいます。

 

修理費用を抑えるために、カシメ部分をカットしてホースのみを交換されている車もありますが、エンジンによる熱の影響を受けやすいところですので、そういった車は直々点検していただくことをおすすめします。

 

   
日之出モータース リンク
Topページへ
お問合せ
アクセス
営業カレンダー
            
カテゴリー
最近のエントリー
Search this site.
Others
Mobile
qrcode