<< 危険なローダウン | main | 足廻りのメンテナンスはおすすめ >>

ブレーキフルードの種類

JUGEMテーマ:ポルシェ

車検整備では必ず点検するブレーキ廻りですが、ブレーキフルードタンク内をみてメカニックがびっくり!

トロっとしたブレーキフルードのゼリーが出来上がっていました!

ブレーキフルードは、グリコール系とシリコン系の二種類があり、これらを混ぜると化学反応を起こしてゼリー状に・・・


一般的に使うDOT3やDOT4はグリコール系なので、気が付かずに混ぜても問題がない場合が多いのですが、DOT表示のないフルードや着色されているブレーキフルードは要注意です。

同じブレーキフルードを使うか、心配なら完全に抜いてから、違うオイルを入れなければなりません。

今回は徹底的に掃除(抜き取り)してから、フレッシュなブレーキフルードを入れて完了です。
 
   
日之出モータース リンク
Topページへ
お問合せ
アクセス
営業カレンダー
            
カテゴリー
最近のエントリー
Search this site.
Others
Mobile
qrcode