<< ドア開閉時のパキパキ音 993編 | main |

ドア開閉時のパキパキ音 964編

JUGEMテーマ:ポルシェ

 

前回ご説明させていただいたドア開閉時のパキパキ音ですが、964でも同じことが起こります。

 

ただ993ではボディ側が破損するのですが、964ではドア側が破損することがほとんどです。

こちらはドア側を切開しての修理となります。

 

そういたことから考えると、993と964でもボディの鉄板強度やスポット溶接の方法が違うのかもしれません。

 

ここまでひどくなるとストッパーが脱落し、最悪はストッパーがドアの内部からドアパネルに当ってしまいます。

そうなるとドアパネルに凸ができるケースも…

 

ストッパーを取り付けるための穴を開けたプレートを作製し溶接で取り付けます。

 

切開した部分を溶接で元に戻し塗装して完了です。

 

 

 

   
日之出モータース リンク
Topページへ
お問合せ
アクセス
営業カレンダー
            
カテゴリー
最近のエントリー
Search this site.
Others
Mobile
qrcode